浄土真宗本願寺派 大親寺オフィシャルウェブサイト

大親寺-浄土真宗本願寺派-

無量寿堂管理規約

大親寺納骨堂管理運営基本規程

目次
 第1章 総則(第1条)
 第2章 納骨堂の管理運営
 第3章 納骨堂

 

第1章 総則
(目的)
第1条 この納骨堂は大親寺に縁ある者のための納骨所であり、納骨に際して宗教的感情が最大限に尊重されるよう、これに必要な管理運営に関する基本事項を定めることを目的とする。

 

第2章 納骨堂の管理運営
(管理運営の基本)
第2条 納骨する者又はこれに出入りする者は、各種手続、法要行事の執行など、管理運営に関する基準を遵守しなければならない。
(管理の任命及び職務)
第3条 墓地、埋葬等に関する法律(昭和23年法律第48号。以下「法律」という)に基づく「納骨堂」の適正な管理運営を行うため、納骨堂の管理者1人を置き、大親寺住職をもって充てる。
2 管理者は法律の定めるところに従い、火葬許可証又は改葬許可証を保管するほか、管理運営に必要な図面及び書類を整備し、備え付けなければならない。
3 管理者は管理運営の状況について責任役員会にて報告しなければならない。

 

第3章 納骨堂
(納骨堂の区分)
第4条 納骨堂は個別納骨所と合同納骨所に区分する。
(納骨堂の使用)
第5条 納骨堂の使用を願い出る者は、所定の書類を管理者に提出し、承認を得なければならない。
2 納骨堂使用者(以下使用者という)は、納骨するとき又は出骨するときはあらかじめ管理者に届出なければならない。
(使用者の資格)
第6条 納骨堂は大親寺寺族及び門徒の個人並びにその他の団体に対して、その使用を承認する。
2 前項の規定に関わらず、管理者は大親寺に著しい功労があった者並びに特別な由緒のあった者に対しては、納骨堂の使用についての特例を定めることができる。
(納骨堂使用の制約)
第7条 納骨堂における法式儀礼は、浄土真宗本願寺派で定められる法式儀礼をもって行うものとし、他の宗教団体等の法式儀礼又はそれに類する行事等は、これを一切行うことができない。
2 納骨堂は遺骨を安置する目的のほかに使用することはできない。
(使用場所の制限及び費用負担)
第8条 管理者は使用者に対して、その使用について一定の条件をつけ、管理運営に必要な経費を負担させ、又は特別の条件を付することができる。
第9条 納骨堂の使用を願い出る者は、特別懇志を納付しなければならない。
2 使用者は維持冥加を納付しなければならない。

3 前2項の規定による既納の特別懇志及び維持冥加は、これを返還することができない。
(納骨堂使用の承認取消)
第10条 管理者は次の各号のいずれかに該当したときは、納骨堂使用の承認を取消すことができる。
一 3年間使用者及び関係者の存否が明らかではないとき。
二 維持冥加を3年以上滞納し、管理者が2度催告してもなお納付しないとき。
三 納骨所を本来の目的以外に使用していると認めたとき。
四 前各号のほか、管理者が違反と判断したとき。
2 納骨堂使用の承認を取消された者は、無条件に返還しなければならない。
3 管理者は使用の承認を取消したものについては宗教的尊厳を守り、遺骨を一定の場所に改葬し、遺品などを移動又は撤去することができる。
(納骨堂使用権の返還)
第11条 使用者は、納骨堂の使用権を放棄したいときは所定の書類を管理者に届出し、無条件で返還しなければならない。
(条例への委任)
第12条 この規程の施行について必要な事項は条例で定める。

 

附則
この規程は平成30年1月1日から施行する

 

 

 

大親寺納骨堂管理運営基本規程施行条例

 

(趣旨)
第1条 この条例は、納骨堂管理運営基本規程(以下「規程」という)第12条の規定に基づき納骨堂の管理運営について必要な事項はこの条例の定めるところによる。
(納骨堂使用承認)
第2条 規程第5条第1項の規定により、納骨堂の使用を願出る場合は、納骨堂使用誓約書に特別懇志を添えて提出しなければならない。
2 管理者は前項の書類を受理したときは、規程及びこの条例の規定に適合するか否かを審査し、適当と認めたときは、納骨堂の使用を許可する。
(納骨及び出骨手続)
第3条 規程5条第2項の規定により、納骨堂に納骨するとき又は出骨するときは納骨届又は出骨届を提出しなければならない。
(特別懇志及び維持冥加の金額)
第4条 規程第9条の規定に基づく納骨堂の特別懇志及び維持冥加の金額は次の各号の定めるところによる。
一 個別納骨所
  特別懇志一体につき5万円  年次維持冥加6000円(30年間)
二 合同納骨所
  特別懇志一体につき10万円 年次維持冥加 なし
2 6親等以内の家族で個別納骨所を追加使用するときは第1項第1号に定める年次維持冥加とあわせ追加1体につき3,000円の維持冥加を納付しなければならない。但し追加1体の維持冥加については管理者の判断にて今後変動の可能性があるものとする。
3 維持冥加は、大親寺境内地の環境施設等の維持管理に充当するものとする。
4 第1項の規定による年次維持冥加は、毎年6月30日までに納付しなければならない。但し、期限内に納付が困難なときは、当該年度内に納付できるものとする。

5 前項の規定にかかわらず、年次維持冥加について、管理者が特別な理由があると認めたときは、一括して前納することができる。
(遺骨の取扱い)
第5条 納骨された遺骨については宗教的尊厳をもって適切に保管し、厳重に管理されるものとする。
2 個別納骨所に納骨された遺骨は30年間、納骨容器によって保管され、管理者の立会いのもと納骨堂からの取り出しを許可する。但し、納骨から30年経過した後は一部遺骨を個別納骨所に残し、他の遺骨は合葬するものとする。
3 合同納骨所に納骨された遺骨については納骨後数日中に合葬され、その後一切の取出しを禁ずる。
(使用者の参拝場所)
第6条 納骨堂使用者の参拝場所として納骨堂内に礼拝施設を設ける。参拝を希望するときは管理者に事前に連絡し、許可を得なければならない。このとき、遺骨を安置する遺骨安置所への立入りはできないものとする。
2 前項の規定にかかわらず、管理者により特別な理由があると認められたときは立入りを許可する。
3 使用者は自己の責任において礼拝施設が汚損及び破損した場合、使用者の負担において修理その他適宣の措置をしなければならない。

 

附則
この規程は平成30年1月1日から施行する。

 

 

 

 

 

大親寺 

 

電話番号 :06?6727?7640


ホーム RSS購読 サイトマップ
大親寺について 各種お申込み 年間行事 納骨 アクセス お問い合わせ