浄土真宗本願寺派 大親寺オフィシャルウェブサイト

大親寺-浄土真宗本願寺派-

住職

石川大恵


浄土真宗本願寺派僧侶
1952年生まれ。
龍谷大学で仏教学・真宗学を学んだ後、アメリカに渡る。
San Francisco art institute大学・大学院で美術を学び、その後日本に帰国。名古屋芸術大学・京都精華大学で講師を勤めた。
1994年住職就任。
内陣の天井に描かれたパネルは彼の作品である。
現在も僧侶という枠組みにとらわれることなく幅広い活動を行っている。

 

副住職

石川大夏


浄土真宗本願寺派僧侶
本願寺派布教使
1989年生まれ。
2012年同志社大学卒業後、龍谷大学大学院実践真宗学研究科入学。
現在は西本願寺勤務。
2013年〜2019年 布教団体「ともしえ」所属

 

副住職より一言

はじめまして。
私は大親寺の副住職 石川大夏と申します。

 

みなさんは
「宗教ってなんだかこわい・・・」
「神様も仏様も信じてないから宗教なんてなんだっていい」
「宗教と道徳は同じ」
なんて思っておられませんか?

 

私もほんの10年前まで、そう思っていました。

 

私と仏教との出遇いは龍谷大学の大学院に入学してからでした。
お寺で育った子供の多くが仏教関係の学校に進学するお寺の世界で、私は大学を卒業するまで、全く仏教を学ぶことなく成長してきました。

 

生まれがお寺だったこともあり、お寺で育てていただいていましたが、両親は全く私に仏教の教えを強要することなく、周りの友達と同じように育ててくれました。

 

そんな私が、ある一人の先生との出会いをきっかけに大学卒業後、仏教を学ぶため大学院に進学することとなったのです。

 

「仏教ってなんだかこわい・・・」
「霊の存在や占いを信じてないのにお坊さんになれるのかな?」

 

なんてことを考えていた私でしたが、仏教とは私が思っていたもの全く違ったものでした。

 

「なんて合理的で論理的な宗教なんだろうか!」

 

それは仏教に触れることなく過ごした日々があったからこそ感じた驚きと感動でした。

 

仏教では霊や運気などということは言いません。
「生きていくというのはどういうことなのか」
「死んでいくというのはどういうことなのか」
仏という存在を通して、どこまでもこの私一人の命を見つめる教えなのです。

 

だから残念なことに「信じたから病気が治った!宝くじが当たった!」なんてこともありません。
でも、間違いなく明日一日の私の生き方を変えてくれる教えです。

 

そんな私も現在では様々な出会いをいただき、本山本願寺に勤め、全国に布教(お話し)にお伺いすることも多くなりました。
ご法事やご法座で皆さまとご一緒させていただけました時にはそんな仏教の魅力をお話しさせていただきたいと思っております。

 

まだまだ未熟ではありますが、精一杯お勤めさせていただきます。
どのような些細なことでも結構です。
お気軽にお問い合わせお待ちしております。

 

大親寺

住所

大阪府東大阪市金岡4-4-2

電話番号

0667277640

駐車場

境内に7台まで可能。

 

納骨堂


寺院と隣接する建物に納骨堂を完備しております。
どなた様でも納骨して頂けますよう、年間維持費などは低く設定させて頂いています。
納骨を希望される方は無量寿堂管規約をお読みの上、一度御連絡ください。
無量寿堂管理規約


ホーム RSS購読 サイトマップ
大親寺について 各種お申込み 年間行事 納骨 アクセス お問い合わせ